肉処とよたアレコレブログ
~喜ばれる歓び~
ぶた肉

肉とよ的『豚の栄養』

みなさんこんにちは、田舎の精肉店肉処とよた略して『肉とよ』です🍖

 

以前「食肉の栄養」について解説しました。

肉とよ的『食肉』の栄養みなさんこんにちは、田舎の精肉店肉処とよた略して『肉とよ』です🍖 お肉を食べると太る、お肉はコレステロールがたまりやすい‥...

体の成長・活動するためのエネルギーを補ううえで、食肉を体内に取り入れることは必要不可欠です。

さて。

一言で「食肉」とは言ってもその種類は豊富で、日常的に食べる牛・豚・鶏が代表的ですね。

今回はその中から『豚肉の栄養』について、肉とよ的に詳しく解説していこうと思います!

豚肉はパワーの源

牛肉は日常生活や運動を行う際に必要な栄養を持っています。

牛肉を知る④牛肉の栄養みなさんこんにちは、田舎の精肉店肉処とよた略して『肉とよ』です🍖 毎日食事をする意味。 それは「生命維持に欠かせない...

豚肉は牛肉とよく似た成分を持つ食肉ですが、牛肉よりビタミンBが豊富なことが特徴です。

【豚・牛肉(100gあたり)の部位別成分表】

肩ロース  赤肉 (生) ヒレ  赤肉 (生)
熱量(kcal) 157 316 115 223
たんぱく質(g) 19.7 16.5 22.8 19.1
脂質(g) 7.8 26.1 1.9 15.0
葉酸(㎍) 2 7 1 8
鉄(㎎) 1.1 2.4 1.1 2.5
ビタミンB₁(㎎) 0.72 0.07 0.98 0.09

資料:日本食肉消費総合センター「豚肉のチカラ」より引用

部位によって異なりますが、牛肉よりも5~10倍もビタミンB₁が含まれています。

ビタミンB₁はチアミンとも呼ばれている生活活性物質で、糖質などの代謝に用いられます。

ゴリ店長
ゴリ店長
これが不足すると脚気や神経性の疾病にもつながるよ

日本人の主食はコメであり、その主成分は炭水化物です。

炭水化物は体内でブドウ糖に分解され、人間が活動するためのエネルギー源となります。

このブドウ糖の分解にビタミンB₁が関係してくるのです。

また、ブドウ糖は脳の働きにとっても重要なエネルギー源で、脳を使うために用いられます。

ゴリ店長
ゴリ店長
勉強するときにチョコを食べると良いと言われているのは、エネルギー源として糖分を手っ取り早くとるためなんだよ 

しかし、ビタミンB₁がなくてはエネルギーとなるブドウ糖を分解することはできません。

ぶーたん
ぶーたん
炭水化物のおともにはビタミンB₁を忘れないこと!

ビタミンB₁ならウナギより豚肉!

「土用の丑の日」にウナギを食べる風習があります。

夏バテを防ぐため疲労回復効果のあるウナギを食べるよう、江戸時代に平賀源内が広めた風習だといわれています。

このウナギにも先ほど紹介したビタミンB₁が豊富に含まれているため、あながち迷信ではありません。

100gあたりのビタミンB₁の含有量は、ウナギが0.75g㎎あるのに対して豚ヒレ肉には0.98㎎

ウナギの約1.2倍もあり、ヒレ肉を100g食べるだけで1日に必要なビタミンB₁を摂取できるほどです。

【動物性食品別のビタミンB₁含有量】

食品名 ビタミンB₁含有量(㎎/100g)
豚ヒレ肉(生、赤肉) 0.98
豚モモ肉(生、脂身つき) 0.90
ウナギ(蒲焼き) 0.75
豚ロース肉(生、脂身つき) 0.69
豚肩肉(生、脂身つき) 0.66
鶏卵(生、全卵) 0.43

資料:国立健康・栄養研究所HPより引用

モモ肉などにも多く含まれますが、対してロース肉肩肉バラ肉などにはやや少ない傾向があります。

ビタミンB₁は筋肉のなかに含まれているため、脂肪が多い部位は含有量が少なくなるからです。

ウナギはちょっとお高め‥それに比べて豚肉は、価格的もお手軽で日常的に食卓に並べることができます。

体力の落ちやすい夏場などには、うまく献立に取り入れたいですね!

小咄「戦後の日本を支えた豚肉」

戦後の日本を立て直すためにも栄養が必要と考えた先人は、たんぱく質を安定供給することの重要性に思い至りました。

さて。

戦争に勝利した欧米人は牛肉をよく食べますが、日本人は米中心の食事です。

米に合うたんぱく質として豚肉が最適だと考えられました。

そして各地で安価に飼育できる、しかも繁殖力のある養豚業が栄えたのです。

さらに、豚肉が米との食べ合わせに良いとされる理由の1つに、先に出てきたビタミンB₁が関係してきます。

戦中に玄米(ビタミンBを多く含む)だった主食が戦後を迎え白米に戻ったことで、脚気という病気が懸念されました。

脚気は「ビタミンB₁欠乏症」とも呼ばれ、悪化すると神経障害による麻痺を引き起こし、最悪の場合死にも至る病気です。

そこでビタミンB₁が豊富な豚肉が大活躍!

日本の主食のマイナス面を補うという点でも、豚肉は日本人の力となったのです。

いのぶー
いのぶー
戦後食生活が欧米化して食肉が一般的になるにつれて、日本人の体格は向上し、寿命も延びたよ

豊富に含まれる栄養素

豚肉にはビタミンB₁以外にもビタミンB₂・Eナイアシンなどが豊富に含まれています。

【豚肉に期待できる効果・効能】

  • 脂質代謝の促進
  • 皮膚・粘膜の保護作用
  • 二日酔いの防止
  • 血行促進

また、良質なたんぱく質からはペプチド(肝機能を高めたり、コレステロールを低下させる)が作られることがわかり注目されています。

まとめ

豚肉は、戦後の日本を支えてくれた食肉なんですね。

ぶーたん
ぶーたん
価格・カロリーともに低いのに、効果は未知数!

健康な体づくりにのために、毎日の食事にぜひとも加えてみてはいかがでしょう(^^)?

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
肉とよ
山口県宇部市で精肉店を営んでいます。 お肉のことはもちろん、食に関するアレコレをはじめ、地元アレコレ、親子アレコレ‥いろんなアレコレについてつづっていけたら、と思っております。 みなさんに『喜ばれる歓び』をご提供!