肉処とよたアレコレブログ
~喜ばれる歓び~
つくってみた

つくってみた㊲目指すは本格派?!スパイスカレー♡

みなさんこんにちは、田舎の精肉店肉処とよた略して『肉とよ』です🍖

肉旦那
肉旦那
なんかこう‥いつもとは違うものが食べたい

‥と肉旦那が肉とよ閉店後に持って帰ったものがコチラ↓

煮込まれてダシが出きった牛テール汁です。

肉旦那
肉旦那
身は削いで”テール焼肉”として店頭に並べてるから、まぁほぼ骨しか残ってないけど‥

スープなどで知られる牛テールですが、長時間煮込んで身を柔らかくして‥基本はお出汁として使うことが多いかと。

しかし煮込む前 生のままのその身は見た目はカルビ、焼くと食感はミノのようにコニュコニュしています。

ヨメ
ヨメ
とくにハラミ好きの方々に人気の部位として、肉とよでも販売されています

‥のため削いだテール、ほぼ身ナシを煮込んだ模様。

とはいえしっかりとコテコテのお出汁ができていますね♡

さて、ではこれを使って何を作るかというと。

国産の牛テール‥それはもう良いお出汁ですので、いつもの肉とよ家では野菜をぶち込んでカレーやシチューにします。

他にはテールスープだったり、お湯の代わりにそのままインスタントラーメンに入れたりも良き。

と、ここで冒頭の肉旦那の言葉「”いつも”とは違う何か」というリクエストです。

ヨメ
ヨメ
とりあえず冷蔵庫をチェックして考えよ

野菜‥なんかいろいろある。

缶詰‥‥トマト缶ならある。

お肉は‥‥ない、、え、マジでないぞ?肉屋なのに??

などと発掘していると。

ジャマイカ料理の”ジャークチキン”が食べたいとして、いつだったか前にいろんなスパイスを買い込んでいました。

チリパウダー・パプリカ・クミン・オールスパイスと、味確認のためのついでのジャークチキンの素。

1回使ったきりで結局日の目を見ないこれら、で何かできないか。。

そこで『玉ねぎ トマト缶 スパイス』と料理サイトで検索をかけてみると。

出てきたのはそう、市販のルーを使わない本格スパイスカレーでした☆

必要なものはおおよそ揃っている‥しかし香り付け用?のコリアンパウダー??は家にはないな。

‥まぁ、どうにかなるでしょう!!!

さぁさぁ、いつものヨメの適当料理がはじまるよ~◎

ヨメ
ヨメ
とりあえず全部入れてソレっぽい味になれば良いと思う!

 

まずは玉ねぎをカットします。

ヨメ
ヨメ
どどんと4玉!

良く聞く飴色玉ねぎを目指すべく、ざっくりと0.5㎜の大きさに粗くみじん切りにしていきます。

深鍋にオリーブオイル大さじ2とすりおろしにんにく&生姜各小さじ1をイン。

中火で香り付けしていきます。

ヨメ
ヨメ
チューブ、めっちゃ重宝

強火にし、粗みじん切り玉ねぎをイン。

焦げ付かないように木べらで底から混ぜていきましょう♪

5分、若干の半透明化‥ですがまだまだ。

さらに5分、だんだんと色づいてきました。

さらに10分、焦げたような匂いもものともせず。

さらに10分、炒め始めてから約30分で飴色玉ねぎの完成☆

今回は用いませんでしたが、時短テクとして『玉ねぎの一部が透明になったら塩小さじ1を加える』というものもあるんだとか。

ヨメ
ヨメ
玉ねぎの水分が飛びやすくなるんだって(30分かき混ぜ続けたあとで知りました‥ショック)

火を止めてトマト缶の汁ごと加えます。

カットトマトが理想ですが、ホールでももちろんOK◎

カットして使っちゃいましょう!

ヨメ
ヨメ
ホールの場合は実に皮がついていたりするので、気になる方は取っ払ってくださいね

火を止めたまま、スパイスも混ぜ合わせていきましょう。

‥。

‥。

ジャークチキンの素もあるだけ全部‥たしか小さじ2くらいだっけか??

あとはそれっぽくなるようにチリパウダー・パプリカ(は他のスパイスと比べると無味に近く、味に影響が出ないらしい)・クミン・オールスパイスを随時加えていったので、ぶっちゃけ何をどれくらい入れたかはわかりません。

ヨメ
ヨメ
辛いのが好きなのでチリパウダーは大さじ1とか2とか入れたような気がする(ダメだこりゃ)

4人前を参考までに↓

  • コリアンパウダー‥大さじ1
  • クミンパウダー‥大さじ1
  • ターメリックパウダー(ウコン)‥大さじ1/2
  • チリパウダー(カイエンペッパー)‥大さじ1/2
  • ガラムマサラ‥お好みで

ちなみにコリアンはパクチーの種。エスニック風味のクミンで匂いが立ち、ターメリックで鮮やかなカレー色がつきます。完熟した唐辛子を乾燥させたチリパウダーとガラムマサラを加えて、お好みの辛さでいただきましょう♡

うこんも入れたし、あとは煮込むだけなんですが‥さて。

ヨメ
ヨメ
なんか量が心許ない、、

いつも30人前とかで作っている(2,3日ラクしたいがため)ので、玉ねぎ+トマト缶だけだと少なく感じちゃったヨメです。

やはり、カレーといえばじゃがいもとにんじんでしょう!

ヨメ
ヨメ
かさ増しのために‥入れちゃえ

じゃがいも8個とにんじん1本をすりおろしてインしてみた☆

ヨメの適当アレンジ、吉と出るのか凶と出るのか。。

ヨメ
ヨメ
果たして結果はいかに…(・∀・)ヨキヨキ

仕上がりに若干の不安を残しつつ、ルーもどきはこれにてできあがり。

仕上げ前、ようやく牛テール汁の出番です◎

テール汁をテールごと(ただし身はほぼナシ)入れて、ルーもどきをのばしていきます。

1時間ほど煮込んで、、

本格的?!スパイスカレーのできあがりです♡

気になるお味は‥

肉旦那
肉旦那
これは‥美味いっっっ!!!

スパイシーなのはもちろんですが、サラサラした風味の奥に感じる牛テールの深いコクが見事にマッチ。

飴色玉ねぎの旨みも良い仕事をしています!

数ある本格レシピではトロミつけのためにチキンと一緒に煮込んだり、また小麦粉を使用したりするそうですが、今回はそもそもがコテコテ牛テール汁を加えているのでお肉の旨みとしては充分。

ほぼ肉ナシとは思えない濃厚な味になりました。

肉旦那
肉旦那
市販のルーとはまた別格の美味しさ♪

ちなみに不安アレンジのすりおろしたじゃがいも&にんじんは、というと。

食感はやはりしゃりしゃりとして気になるっちゃ気になりますが、、

スパイス独特のざらざら感とうまく調和していて結果オーライといったところ。

ヨメ
ヨメ
美味しいから、うん、ヨシ☆(テキトー)

 

今回の本格スパイスカレー。

家にあるスパイスで、しかもアレンジがすぎました。。

‥が、幸いにも「美味い」の声をいただきました◎

市販のルー不使用でハジメテ、”いつもと違うもの”としては‥まぁ及第点でしょう!

オリジナルブレンドでよりヘルシーにできたことに満足です。

今回は辛さにこだわりましたが、はて、どうやったら甘さを引き出せるものか‥

次はぜひ鶏肉や豚肉でも作ってみたいです♪

ヨメ
ヨメ
アレンジはほどほどに、ね

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
肉とよ
山口県宇部市で精肉店を営んでいます。 お肉のことはもちろん、食に関するアレコレをはじめ、地元アレコレ、親子アレコレ‥いろんなアレコレについてつづっていけたら、と思っております。 みなさんに『喜ばれる歓び』をご提供!